基礎知識

介護施設の種類と特徴

老人ホーム・介護施設には、主に民間事業者が運営する「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」、医療法人・社会福祉法人などが運営する「介護保険施設」などがあります。
それぞれの介護施設の特徴を、「費用」「受入状況」「介護保険」「入居難易度」「居住スペース」の5項目で比較しました。

民間企業
介護付き有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム
サービス付き高齢者住宅
※住宅型・サ高住は施設により、訪問介護・訪問看護が併設になっている場合により多少違う。

介護保険施設
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
※費用負担は少ないが、入居難易度が高い。、(入居待ちの待機者が非常に多い。)

有料老人ホームの入居にはどのくらいかかるの?

1 入居一時金

入居する時最初に必要な費用です。
自分の部屋、各種施設、サービスを終身利用する権利に対して支払います。
通常のマンションなどとは違い、 「終身利用権」であって「所有権」はありません。
一人当たり0万円~1億円まで有料老人ホームによって違います。

【月額利用料の内訳(毎月)】

2 家賃

施設により違う。3~15万円。

3 食費

食事つきの所には、自分の食べた分の食費が必要です。3~6万円。

4 支援サービス費

安否確認・生活相談 3~5万円と施設により違う。

5 管理費

共用施設維持管理・レクリエーション費・人件費。3~20万円と施設により違う。

6 水道光熱費

5千~2万円。施設によっては管理費に含まれている所もあります。

7 介護保険料

一般的に外部(在宅)サービス、施設サービスどちらを利用する場合でも、介護認定があればサービス毎に決まった負担額を支払う事でサービスを受けられます。
基本的には、ケアプランを立て、その通りの介護サービスが提供されるのですが、施設の分類により受けるサービスの枠組みと費用が異なりますのでご注意下さい。
金額としては大体数千円(介護をそれほど必要としないお元気な方)~3.6万円程(寝たきりのような重度の介護状態な方)が必要となります。

8 その他

医療費・薬剤費・オムツ類・日用品消耗品・理髪費等必要。

入居に関するお悩み・疑問・不安いつでもご相談ください。058-372-3125